SEXで挿入をされた際の性病検査方法(女性)

挿入されて感染する性病

女性が男性から挿入された際、
女性が感染する可能性がある性病を以下にまとめました。

主に男性からの精液に含まれる性病の菌やウイルス、
(カウパー液にも含まれます)が、
膣内の粘膜から侵入して、性病に感染します。

ほぼ全ての性病に感染するリスクがありますが、
とくに、クラミジアと淋病は感染する確率の高い性病なので、
少しでも異変を感じたら、早期に検査を受けることをオススメします。

クラミジアと淋病の検査方法

また、HIVの感染も可能性としては十分にあります。

HIVの感染直後は潜伏期間があるため、すぐに検査ができません。
行為の3ヶ月後に検査する方法が確実です。

HIVの検査方法はこちらで確認できます。
HIVは自宅で匿名検査を受けることができます。
価格も3000円程度で病院の検査費用に比べて3割程度で済むことから、
近年普及しています。

挿入による性病感染を防ぐ方法

男性にコンドームを装着してもらいSEXをしましょう。
男性はコンドームの装着を好ましく思いませんが、
性病予防のためには、最低限必須です。

また、生理中であれば妊娠の可能性が低いため、
コンドームをしないで挿入をするケースもあるようですが、
生理中は出血している箇所から性病の菌やウイルスが侵入しやすいため、
とくに性病の感染リスクが高まります。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!