HIVの検査キット比較

HIVの検査は自宅で出来ます

HIVは検査キットを使えば自宅で検査をすることができます。

このページでは、HIVを自宅で検査する手順を紹介します。

HIVを自宅で検査する手順

  1. HIV検査キットを購入
  2. 検査キットを使い、指先から血液を採取する
  3. 採取した血液サンプルを郵送する
  4. 検査機関でサンプルが検査される
  5. ネットやメールで検査結果を確認する

血液採取といっても難しくないです。
専用の器具を使えば、簡単ですよ。
痛みもほとんどありません。

HIVの検査キットはどれがいいのか?

HIVの検査キットは各機関から購入することができます。
どれを使うのがいいのか以下3つの観点から評価してみました。

評価項目
  1. 料金
  2. プライバシー
  3. 検査スピード

順位 料金(円) 送料 検査機関 プライバシー 検査スピード
3,440 無料 GME医学検査研究所 氏名・電話番号が必要
結果はメールで確認
最短3日
土日祝も検査
3,300 550円
別途
ふじメディカル 氏名・住所・電話番号必要
結果はメールで確認
最短5日
4,968 525円
別途
STD研究所 氏名・電話番号が必要
結果はWebで確認
最短5日

比較項目のどれもGME医学検査研究所が1番いいことがわかりました。
当サイトでは定期的にHIVの検査キットの内容を確認していますが、
現時点で1番のオススメはGME医学検査研究所のHIVの検査キットです。

自宅での性病検査の精度について

検査精度は病院とほぼ同等です。
自宅での性病検査の精度については、
GME医学研究所の公式内容が詳しく説明しています。

HIVの検査は必要?不要?

HIVの症状はとても分かりづらいです。
感染後、2~4週間後に、風邪に似た症状が現れる場合もありますが、
風邪と区別が付かないか、症状が軽すぎてほとんどの場合気づきません。

HIVの治療も進んでおり、早期に治療を開始することで、
通常通りの生活を送ることができます。
しかし、治療をせずに放っておくと症状が進行し、
日常生活に支障をきたし始めます。

少しでも疑いがある場合は、検査をすることをオススメしています。
陽性の場合は、すぐに治療が開始できますし、
陰性の場合は、安心して生活できますよね。

HIVの検査はすぐにやるべき?

HIVは感染の可能性があった直後に検査をしても正しい結果を得られません。
それは、HIVの検査はHIV抗体を検出し、感染をみつけるのですが、
HIV抗体が体内に出来ても、検出されるようになるまでには時間がかかるからです。

個人差がありますが、だいたい感染の可能性から2、3ヶ月経過すれば、
検出できるようになります。
もし、確実にHIVが陰性(感染していない)か陽性(感染している)かを判断したいなら、
感染の可能性があった日から、3ヶ月以降に検査を受けるべきです。

3ヶ月以降に検査をすることは、国のガイドラインでも制定されています。

しかし、3ヶ月も待てない!早く検査結果を知りたいという場合は、
感染の可能性があってから、1~2ヶ月以降でも目安として検査をすることは意味があります。

1ヶ月目以降に検査をして陰性だった場合は、感染している可能性は低いが、感染の可能性は残っている。
1ヶ月目以降に検査をして陰性だった場合は、感染している可能性は非常に低い。
という目安として捉えることができます。

すぐに安心したいということであれば、感染の可能性があってから1ヶ月以降に1度検査をして、3ヶ月後にももう一度検査を受けるという方法が安心できるため、当サイトでは推奨しています。

GME医学研究所のHIV検査キットはこちらです。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!