C型肝炎

C型肝炎とは

C型肝炎ウイルス(CHV)により引き起こされるウイルス性肝炎。

感染力が弱く、ほとんどが血液を介しての感染
B型肝炎に良く似ているが、急性C型肝炎になる場合でも症状が軽くすむ
自覚症状が少なく気づきにくい。自分がC型肝炎に感染していることに気付かない人も多い

C型肝炎の症状

男性も女性も同じ症状が現れます。

  • 全身がだるい
  • 食欲がでない
  • 体重が減る
  • みぞおちあたりに不快感を感じる
  • 吐き気がする
  • 手の平に赤いアザができる
  • クモ状血管腫

また、男性に限って乳房が女性のように大きくなることがある。

どれも軽い症状が多く、感染に気づかないケースも多い。

C型肝炎を放っておくと肝硬変、肝臓がんに発展します。
肝臓がんの約8割の原因は慢性C型肝炎です。

C型肝炎の検査方法

B型肝炎は自宅で検査をすることができます。
検査日時を制限されることがないため、忙しい人にオススメです。

また、病院や保健所に比べて検査結果が早く分かることも多く、
一般的に病院に比べて、検査費用が半分以下に抑えられます。

自宅でC型肝炎を検査できるキットはこちらで確認できます。

C型肝炎の感染経路

C型肝炎の感染経路は主に血液によるもの。
性行為に寄って感染することはほぼない。
母子感染も事例は少ない。

輸血により感染するケースが以前は多かったが、
日本では医療体制が整ってきたため、発生頻度は稀である。

点滴針の打ち間違いや刺青により感染することが多い。

C型肝炎の治療法

C型肝炎の治療は症状により異なる。

ボセプレビルやテラプレビルといった薬を投与したり、
肝臓の機能を強化するためにグリチルリチンなどを投与することもある。

急性肝炎は病状回復しだい治療は終了するが、
慢性肝炎の場合は改善までにさらに通院する必要がでてくる。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!