A型肝炎(HAV)

A型肝炎(HAV)とは

  • 急性肝炎(A,B,C型肝炎)の中では症状が強い肝炎です
  • 一度感染すると抗体が作られて、二度と感染しません
  • A型肝炎ウイルスは、経口感染によって感染するので集団感染することがあります

A型肝炎ウイルスの特長は動物の便の中に含まれ、
食べ物や飲み物などを経由して口から感染することです。

また、A型肝炎ウイルスは感染力がとても強いウイルスで、
魚介類や不衛生な場所の生水からも感染をすることがあります

A型肝炎の症状

  1. 風邪のような発熱、倦怠感
  2. 食欲が振るわない
  3. 吐き気や嘔吐が続く

風邪に似た症状が続き、
その後、黄疸や肝臓が肥大する症状が現れます。
これらの症状は、1~2週間続きます。
(その後、症状は軽くなります。)

A型肝炎ウィルスは一過性の症状のみです。
なので、他の肝炎のように慢性肝炎や肝硬変にはなりません。
そして、A型肝炎には一度感染すると抗体が作られるので、
同じ人が再度A型肝炎に感染することはありません。

稀に劇症肝炎や腎不全へと移行することがありますので、医療機関で受診することをオススメします。

A型肝炎の検査方法

病院で受診をすることができます。
検査方法は、以下2点が一般的です。

  • 腹部エコーで肝臓の大きさを確認
  • 血液検査で肝機能を検査

感染力が強いため、早期の検査をオススメします。

A型肝炎の感染経路

性行為では肛門を使った性行為や口を使った性行為により、ウイルス感染します。
そのため、同性愛者の間でも感染させてしまう病気です。

また、排便からも強力に感染するため、
感染者と同居している人は注意が必要です。

ウイルスに汚染された水や野菜、魚介類などを生や加熱不十分なまま食べることによっても感染する。食物を介さずに、性行為による感染も報告されている。
日本での主な感染源は、カキ二枚貝と考えられているが、輸入野菜が感染源になった例も報告されている。

ウイルス感染した魚介類や野菜。特にカキ・二枚貝から感染するケースもあるが、
輸入野菜から感染した例もあるため、
不衛生な食事には気をつける必要があります。

A型肝炎の治療方法

特別な治療方法はない。

もしも、A型肝炎だと分かった場合は、入院して安静にすることで、
自然に治癒されるのを待つしかありません。
(だいたい1ヶ月を目安に治癒されます)

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!