フェラチオをした際の性病検査方法(女性)

フェラチオすることにより感染する性病

女性が男性の性器を舐める行為(フェラチオ)をした際、
女性が感染する可能性のある性病を以下にまとめました。

男性がクラミアジアや淋菌に感染していると、
女性は喉にクラミアジアや淋菌が感染する可能性があります。
また、男性の精液やカウパー液が口の中に出されると、
HIVに感染することもあります。
また、男性が性器ヘルペスに感染していると、女性が口唇ヘルペスになることもあります。

若年層を中心にフェラチオが一般となり、
パートナーに強要される女性も少なくないようです。
フェラチオをする際は、コンドームを使わないことが一般的なため、
性病感染の原因となりやすいです。
特に、男性が性風俗店に行っていると、風俗嬢から性病を貰っているかもしれません。
風俗嬢は不特定多数の男性をフェラチオするわけで、咽頭クラミジアや淋菌に感染していても全くおかしくありません。
もちろん、風俗店からクラミジアや淋菌を貰った男性をフェラチオした女性にも性病が感染します。
とくに、クラミジアと淋菌は感染率がとても高いことで知られている性病です。
仮に3割程度の感染率だとしても、定期的にパートナーをフェラチオしているようであれば、
ほぼ間違いなく性病感染していると思って間違いありません。

風俗店に通っている男性をフェラチオした場合は、
喉のクラミジアと淋菌の検査をしてみることをオススメします。
喉のクラミジアと淋菌は風邪に非常に似た症状のため、
自分でも気づきにくく、一般の内科でも見分けられることはほとんどありません。

症状が重篤化する前に、きちんと検査して、必要であれば治療しましょう。

喉に感染するクラミジアと淋菌はどちらも自宅で検査をすることができます。
医師からの問診もないため、恥ずかしい思いをすることがありません。

各検査機関から検査キットを購入することができます。
当サイトでは各検査キットを比較しています。
検査キットを利用する前に確認をしてください。
喉のクラミジアと淋菌の検査キット比較

フェラチオされることによる性病感染を防ぐ方法

咽頭クラミジア、咽頭の淋菌を外見から判断することは難しいです。
息の匂いなどから判断することもできません。

喉が痛い、熱っぽいなどの喉の風邪に似た症状がでるので、
体調不良の相手にフェラチオをさせない程度の予防策しかありません。
もちろん、咽頭クラミジア、咽頭の淋菌に感染している人が全て、のどの痛みや熱の症状が出るわけではないため、
効果的な予防法としては、コンドームを装着した状態でフェラチオをさせるしかありません。

フェラチオの前にイソジンやマウスウォッシュでうがいをしても、
感染のリスクを下げる効果はあまり期待できません。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!