血液精症

血液精症とは

男性の精液に血液が混じって赤くなる症状です。
男性にしか起きない病気です。

血液精症の症状

精液が赤みを帯びます。
精液に少量の血液が含まれるためです。

出血量は少量なので、生殖機能、精子に影響はありません。

血液精症の検査方法

泌尿器科での検査が必要です。
泌尿器科では尿や精液を採取して、顕微検査を中心に検査を行います。
必要であれば、血液検査をすることもあります。

血液精症の原因

尿道狭窄や前立腺炎などが主な原因となります。

前立腺炎が原因の場合は、
クラミジアや淋菌が原因ですので、治療が必要になります。

血液精症の治療法

前立腺炎の場合は、
感染している菌に対しての抗生剤を使用します。
治療期間は1-3ヶ月が目安となります。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!