自宅で受ける性病検査方法の精度は高いの?

自宅で受ける性病検査方法は正しい結果が出るの?

性病検査というと、お医者さんが血液を採取して、
特殊な方法で検査する方法というイメージがありませんか?

確かに、その通りです。

性病検査は検体を採取して、
専用の機器で検査するため、
完全に個人だけではできない方法です。

しかし、当サイトで紹介している検査キットは、
あくまで自宅で検体(血や細胞の一部)を採取するだけです。

採取した検体を郵送で検査機関に送り、
検査機関があなたの検体を検査する方法です。

また、病院も検体の採取だけ行って、
検体を検査機関に依頼しているケースが多いので、
通常の医療機関と同程度の正確さが担保されている
性病検査方法と言えます。

GME医学研究所では、自宅で行う性病検査の精度について、
病院で行うものとほぼ同等であると案内されています。

全部の性病を自宅で検査できるの?

検体を個人で採取できるものは、
自宅で検査ができます。

自宅で検査できる性病をまとめると

  • HIV
  • クラミジア
  • 淋病
  • 梅毒
  • カンジダ
  • トリコモナス
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • ヒトパピローマウイルス

です。

トリコモナスは郵送中に死滅してしまうため、
自宅での性病検査という方法では、
誤った判定をだしてしまうことが多かったのですが、
GME医学研究所は業界初の方法で、
トリコモナスが郵送中に死滅しても正しい検査結果を出せます。

GME医学研究所のトリコモナス検査キット(男性)はこちら

GME医学研究所のトリコモナス検査キット(女性)はこちら

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!