淋菌感染症

淋菌感染症とは

  • クラミジア感染症に次いで国内で2番目に多い性病です
  • 男性は感染後直ちに自覚症状が現れます
  • 女性は感染しても症状が軽く、進行するまで認識しないこともあります

淋菌感染症の症状

淋菌の症状(男性)

  • 尿道に痒みを覚える
  • 尿道が痛む
  • 尿に膿や少量の血が混じる
  • 排尿時に強く痛む
  • 尿が濁るような分泌物や黄色の膿が出る
  • 男性器全体が腫れ上がる

男性は淋菌感染症になると、すぐに尿道が痛くなるため気づきやすい性病です。
放置しておくと、尿道炎、前立腺炎、男性不妊症の原因になります。

淋菌の症状(女性)

  • おりものが多くなる
  • 緑黄色のベットリしたおりものが出る
  • 陰部に痒みを覚える
  • 尿道から膿・少量の血が出る

女性の場合は、症状が軽いため気づかないこともあります。
淋菌感染症をそのままにしておくと、子宮内膜炎や卵管炎の原因となります。
下腹痛や発熱を引き起こすこともあります。
卵管周囲の癒着や、卵管通過性の障害を引き起こし、
子宮外妊娠や卵管性不妊症の原因にもなりえる性病です。

妊娠の場合

妊婦が淋病だと、分娩時に新生児へ感染します。
感染した新生児は生後3週間頃になると結膜炎を発症します。

喉に感染する淋菌の症状(男女)

  • 喉の腫れや痛みを感じる
  • 軽い発熱症状
喉の淋菌感染は風邪の症状によく似ています。
市販のカゼ薬で対応したり、病院で受診しても風邪と診断されてしまうケースが多いようです。

淋菌は1度の性行為や風俗店遊びでも十分感染する可能性が高い性病です。
また、症状が出にくいため、大変気づきにくいという特徴があります。

淋菌感染症の検査方法

男性の淋病は尿から検査できます。
女性の淋病は綿棒で子宮口の組織を採取して検査します。
喉に感染した淋菌は綿棒で喉の組織を採取して検査します。

病院での検査

男性の場合は泌尿器科・性病科。
女性の場合はは産科・婦人科・性病科。
で検査・治療を受けられます。

喉への感染は耳鼻咽頭科で受診してください。

検査費用は保健が適用される場合、1万円程度が相場のようです。
保健が適用されるかは医療機関の方針に寄るため、事前に確認しましょう。

保健所での検査

淋菌感染症の検査をしている保健所は
HIV検査をしている保健所に比べるとかなり少ないです。
事前に最寄りの保健所で淋菌感染症の検査をしているか調べて下さい。

自宅での検査

検査キットで淋菌感染症の検査ができます。

匿名で自宅検査をする方法は以下の通りです。

  1. 検査キットを注文
  2. 検査キット到着後、サンプル(尿・子宮口組織・喉の組織)を採取
  3. 同封の封筒でサンプルを送る
  4. メールで結果が来る

クラミジアの検査キットはいくつかの検査機関から購入できます。
各検査キットを比較しているので、確認してください。

淋菌感染症の検査キット比較

喉の淋菌感染症の検査キット比較

クラミジアと淋菌感染症の検査キット比較

淋菌感染症の感染経路

通常の性行為、口を使った性行為、肛門を使った性行為で感染します。
1回の性行為で感染する確率は30%と性病の中でも非常に高いため、
感染を疑う性行為の後には必ず検査をすることをオススメします。

また、口を使った性行為でも非常に感染確率が高く、
性器に淋菌を保有する人の30%が喉にも淋菌を保有しています。
合わせて、喉の淋菌感染症も検査をすることを強く推奨します。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!