梅毒

梅毒とは

  • 一昔前は治らない性病とされていましたが、現在は早期治療で完治します
  • 10年以上かけて進行する感染症です
  • 梅毒に感染すると、HIVウイルスにも感染しやすくなります

梅毒の症状

生まれた時から梅毒に感染している先天性梅毒と
性行為などで感染する後天性梅毒で症状が異なります。

先天性梅毒の症状

成長期に角膜炎、難聴、歯並びが悪くなる(ハッチンソン歯)などの症状が現れます。

後天性梅毒の症状

症状の進行具合によって、1期~4期に分類されます。

第1期
3週間の潜伏期~3ヶ月
男性は亀頭または亀頭冠状溝に分泌物がかぶっている腫れ物ができます。
女性は小陰唇に分泌物がかぶっている腫れ物ができます。共に腫れ物は無痛で、自然になくなりますが、
その後すぐ、太ももの付け根のリンパ節が腫れます。
こちらも痛みはなくすぐ自然に消えます。
第2期

3ヶ月~3年

病原菌が血液に入り、全身に広がります。
全身の皮膚や粘膜に赤い斑点(バラ疹)ができたり、
感染部にしこり(丘疹)ができたりします。
痛みも痒みもなく、自然に治りまます。
症状が出たり、消えたりを繰り返します。
頭髪が薄くなることがあります。
また、全身のリンパ節が腫れます。

第3期

3年から10年

皮下組織(筋肉、骨、内臓)にゴムのような大きな腫瘍(ゴム腫)が現れます。
鼻骨が侵食され、鼻が陥没することもあります。
体調のよい時期が数年間続きますが、皮膚や内臓で梅毒は進行します。

第4期

10年以上

梅毒に感染して10年以上経過すると、心臓や血管、脳や脊髄が侵されます。
痴呆、進行性マヒなどがみられ、 大動脈瘤破裂などて死亡する事もあります。心臓、血管、神経、目などに重い障害が現れます。

現代では医療の発展のため、
第2期で治療を開始し、完治することが多いようです。

梅毒の検査方法

感染症が進行すれば、明らかな症状がでるのでわかりやすいですが、
症状の比較的軽い第2期までは気づかないこともあります。
特に、第2期では小康状態がありますが、梅毒は進行し続けます。

感染の初期段階でも、血液を採取することで検査ができます。

病院での検査

男性の場合は泌尿器科・性病科。
女性の場合はは産科・婦人科・性病科。
で検査・治療を受けられます。

保健所での検査

梅毒を検査してくれる保健所はかなり少数のようです。
ただし、全くないというわけではないので、
近所の保健所で検査をしてくれるか問い合わせてみましょう。

自宅での検査

検査キットで梅毒の検査ができます。

匿名で自宅検査をする方法です。

  • 検査キットを注文
  • 検査キット到着後、指先から採血し、付属のろ紙に吸わせます。

inspection_blood

  • 同封の封筒でサンプルを送る
  • メールで結果が来る

梅毒の感染経路

先天性梅毒は、梅毒に感染している母親から新生児に母子感染します。

後天性梅毒は皮膚や粘膜の細かな傷から感染します。
主に性行為から感染することが多いですが、
口の中に梅毒に感染した部分がある場合は、キスでも感染します。

梅毒の治療法

抗生物質を服用・注射することで治療ができます。
治療を開始してもすぐに梅毒感染症が陰性になりません。
感染から治療が早ければ数ヶ月、
治療が遅い場合は数年かかることがあります。
性病の中でも完治に時間がかかります。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!