性器ヘルペス

性器ヘルペスとは

  • 女性のは子宮や膀胱までウイルスに感染する事がある
  • 潜伏感染すると抗ウィルス薬が効かず、完全に治療することが難しい。
  • 口や喉にも感染することがあり、食事が難しい程の痛みを伴う

性器ヘルペスの症状

男性の主な症状

  • 陰部の周囲に水ぶくれができる。水ぶくれは自然に潰れるが色素沈着する
  • 痛みと神経痛が原因で、発熱、頭痛を引き起こす。。陰部の近くに神経麻痺を起こすと排尿障害になる
  • まれに無菌性髄膜炎やウイルス血症を生じる

陰茎部(亀頭には症状がでない)に症状が出ます。
女性に比べて症状は軽い。

女性の主な症状

  • 初期症状として陰部の周辺にかゆみを感じる
  • 陰部付近に激しい痛みを感じる
  • 神経麻痺を引き起こすと排尿困難、歩行困難に陥る
  • 痛みと神経痛により、発熱、頭痛、倦怠感を引き起こす
  • 水疱性、潰瘍性病変を引き起こす

潜伏感染(症状のでない感染)していたヘルペスウイルスが、
薬の服用、や体調不良、心労、生理などが原因で免疫抑制状態になったとき症状がでます。

その他の症状

ヘルペスには、陰部に症状の現れる性器ヘルペスと口、唇、喉に症状が現れることがある。
初感染後に免疫を獲得しても、体調不良や疲れ、怪我などで再発を繰り返すことが多い。

性器ヘルペスの検査方法

病院での検査

性器周辺に水泡、発疹、小さな潰瘍による痛みや痒みがあり診断が簡単です。
水泡内の液体からウィルス細胞検査ができます。
潜伏感染の場合は血液検査で判断できます。

男性の場合は泌尿器科・皮膚科・性病科。
女性の場合はは産科・婦人科・皮膚科・性病科。
で検査・治療を受けられます。

保健所での検査

ヘルペスを検査してくれる保健所は見つけることができませんでした。
どうしても、保健所での診断にこだわるなら、
近所の保健所で検査をしてくれるか問い合わせてみましょう。

性器ヘルペスの感染経路

通常の性行為、肛門を使った性行為、口を使った性行為で感染する。
潜伏感染があるため、知らないうちに感染させることがあります。

性器ヘルペスの治療法

一週間程度薬を内服、軟膏を塗布します。(保険適用が多い)
症状が重い場合には点滴が行われる場合もあります。

症状が治っても、ウィルスは潜伏します。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!