外陰炎

外陰炎とは

  • 女性にだけ発症する症状です
  • 大陰唇と周辺が赤く腫れ、痒みを引き起こします
  • 膣炎と一緒に発症することがが多いです

外陰炎の症状

女性の外陰部分が赤く腫れ・ただれ、痒みを感じます。
(症状によっては痛みを伴うこともあります。)

下着によって擦れ、肛門の周りや太ももの近くまで症状が広がることがあります。
伸びた爪で掻いてしまうと、傷ができ、排尿時に痛みを感じることがあります。

症状が長引く、もしくは再発を繰り返すと、外陰部の組織が硬質化し、
肌の色が茶褐色から白色へと変化したり、痒みが継続することがあります。

外陰炎の検査方法

病院での検査
女性のみ発症します。
女性は産科・婦人科・性病科。
で受診してください。

保健所での検査
外陰炎を検査してくれる保健所は聞いたことがありません。
ネットで調べても見つけることができませんでした。

自宅での検査
外陰炎を検査できる検査キットは無いようです。

外陰部の痒み・ただれを感じたら、
速やかに病院で検査と治療を開始してください。

外陰炎の感染経路

自分が原因となる感染経路

外陰部にできた小さな傷から、雑菌、カビ、ウィルスなどが侵入し発症します。
また、おりものの量が多い場合など、その刺激により発症することもあります。

肉体的、精神的につかれている場合、投薬などで抵抗が弱くなっている場合に
発症しやすい症状です。

それ以外にも、生理の血液などを処理せずに、外陰部を不潔にしてしまう、
汚いな下着を身に付けるなども原因となりえます。

外陰部に傷ができる原因としては、性行為だけでなく、
自慰行為も挙げられます。

パートナーが原因となる感染経路

性行為によって、カンジダ、トリコモナス、淋菌など他の性病を介して移ることもあります。

外陰炎の治療法

抗生物質の服薬。
患部へ軟膏の塗布で完治できます。

症状が重い場合は、患部を切開して膿を出すこともがあります。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!