亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは

  • 男性だけのの性病(症状)です。
  • 包茎の男性に発症することが多いです。亀頭や陰茎周囲の皮が赤く腫れ、痒みや痛みを感じる性病です。
  • 性感染症ではありません。

亀頭包皮炎の症状

男性だけに起こる病気です。
亀頭包皮炎は亀頭や周囲の皮が赤く腫れます。

軽度の場合は、痒みや痛みを感じるだけですが、
放っておくと重い症状に発展します。
進行具合に寄っては潰瘍になったり鼠径部リンパ腺がはれて高熱を出すことがあります。
ひどい場合は、尿道狭窄になり、排尿に支障をきたすことや、
閉塞性乾燥性亀頭炎・二次的真性包茎・陰茎癌のリスクも高まります。

雑菌などが原因となり、不衛生にするなどで起こりやすく成るため、包茎の人がかかりやすいといわれています。
包茎であるとペニスと包皮の間にに恥垢という老廃物がたまりやすく、それが尿で汚染されて不衛生となります。
雑菌や細菌が増殖しやすくなり亀頭包皮炎に感染しやすくなります。

亀頭包皮炎の検査方法

病院での検査

亀頭やペニス周辺の皮に異常を感じたら、
医療機関で受診しましょう。
自覚症状が出やすいため、自身でも分かると思いますが、
治療が必要になるため、医療機関には行く必要があります。

泌尿器科・皮膚科・性病科で受診してもらえます。

保健所での検査

亀頭包皮炎を検査してくれる保健所は見つけることができませんでした。

自宅での検査

亀頭包皮炎を自宅で検査できる検査キットは現在ないようです。

亀頭包皮炎の感染経路

性行為、口を使った性行為、自慰行為のし過ぎなどで、
亀頭や包皮に小さな傷ができ、不衛生にしていると最近や雑菌が侵入して発症します。
既に亀頭に傷がある状態で性交渉をすると、
相手の膣内に存在する細菌、病原菌に感染する場合もあります。

女性から淋菌やカンジダをうつされることで、発症することもあります。

亀頭包皮炎の治療法

感染部分の除去(包皮を軽く削る程度)、消毒の後、抗菌薬を塗布します。
また、抗生物質や鎮痛剤の服薬で完治します。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!