フェラチオをされた際の性病検査方法(男性)

フェラチオされることにより感染する性病

男性が女性に性器を舐めさせる行為(フェラチオ)をされた際、
男性が感染する可能性のある性病を以下にまとめました。

フェラチオをする相手の喉や口腔内の粘膜に、
クラミジアや淋菌が繁殖している場合、
尿道や男性器に付いた小さなキズから性病に感染します。

とくに風俗店では通常の性行為が禁止されているため、
フェラチオが一般的に行われていますが、
風俗嬢は不特定多数の男性器を口にするため、
クラミジアや淋菌が咽頭内に繁殖している可能性が高いです。

極端な話、風俗嬢が相手をした客がクラミジアや淋菌に感染している場合、
それ以降の客は風俗嬢から、クラミジアや淋菌をうつされるリスクがあります。

クラミジアや淋菌の感染力は性病の中でも格段に高いため、
風俗店でフェラチオをされたことのある方は、クラミジアと淋菌の検査をすることをオススメします。

クラミジアと淋菌の両方を一度に検査する方法は
クラミジアと淋菌の検査キット比較にまとめています。

フェラチオされることによる性病感染を防ぐ方法

咽頭クラミジア、咽頭の淋菌を外見から判断することは難しいです。
息の匂いなどから判断することもできません。

喉が痛い、熱っぽいなどの喉の風邪に似た症状がでるので、
体調不良の相手にフェラチオをさせない程度の予防策しかありません。
もちろん、咽頭クラミジア、咽頭の淋菌に感染している人が全て、のどの痛みや熱の症状が出るわけではないため、
効果的な予防法としては、コンドームを装着した状態でフェラチオをさせるしかありません。

フェラチオの前にイソジンやマウスウォッシュでうがいをしても、
感染のリスクを下げる効果はあまり期待できません。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!