サイトメガロウイルス感染症

サイトメガロウイルス感染症とは

ヘルペスウイルスの一種であるサイトメガロウイルスに感染することで発症します。

日本ではほとんどの成人が抗体を持っており、
再度感染して症状がでることは少ないです。

抗体をもっていないため、成人後に感染する場合でも、
ほぼ症状がでることはありません。

サイトメガロウイルスの症状

サイトメガロウイルスの症状がでることは珍しいですが、
主な症状は以下の通りです。

  • 体がだるい
  • 喉が痛い
  • 発熱
  • 首筋のリンパ線が腫れる
  • 肝炎(稀)

サイトメガロウイルスの検査方法

血液を採取することで、
抗体、、抗原、ウイルスの有無を調べる。

病院で検査ができる。
内科、もしくは性病科で受診できる。

サイトメガロウイルスの感染経路

先天性の感染

胎児の際に、母親の胎内で感染する。
妊娠中に母親が初めてサイトメガロウイルスに感染し、
胎盤を通じて胎児に感染をすることがあります。

後天性の感染

サイトメガロウイルスに感染している人の体液には、
定期的にサイトメガロウイルスが排出される。

これらの体液を取り込んでしまうことで感染する。

唾液や精液にもウイルスが含まれるため、
性病の一つとして考えられている。

一度感染をすると再度感染をすることは無い。

サイトメガロウイルスの治療方法

とくに重篤な症状もでないので、
特別な治療法はない。

5週間前後安静にし、経過を観察する。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!