(体験談)コンジローム検査は死ぬほど恥ずかしい

約20年前、コンジロームに罹りました。これは性器にカリフラワー状のプツプツが出来る病気なのですが、痛くも痒くもないのです。全然自覚症状がないまま、お恥ずかしいのですが所謂風俗に行った際、そこの女性に指摘され泌尿器科に行きました。検査といっても物理的に見える病気ですから直ぐに病名は確定し、二日後、除去手術となりました。手術に行くと割と若い看護婦さんがいて、その場で下着とズボンを脱ぎ、先生の指示で彼女が僕の性器に麻酔注射を打つことになりました。性器のイボイボを取る前ですから、さすがに興奮などしないのですが、若い女性にあそこに注射針を打たれるのですからそれはそれは、恥ずかしいったら・・・その後電気メスでイボイボを焼き切っていかれたのですが恥ずかしいのと自分の肉が焼ける匂いで気分が悪くなってしまい、手術後、しばらく立つことができず、ベットで寝ていました。性病に関する恥ずかしい体験は以上ですが、後日談があります。この病気、実は再発したのです。患部を焼いただけではウィルスが死滅しなかったらしく、今度は別の病院に行って「またあの恥ずかしい麻酔と電気メスか」と憂鬱になっていたところ、診察を受けると「じゃ、塗り薬を出しときます。」と・・・そう、塗り薬で治るのです。その後きっちり治りましたが、最初にあの治療はなんだったんだ?と不思議に思ったものです。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!