クンニリングスをした際の性病検査方法(男性)

クンニリングスにより感染する性病

男性が女性の性器を舐める行為(クンニリングス)をした際、
男性が感染する可能性がある性病を以下にまとめました。

女性器や膣からの分泌液には性病の菌やウイルスが多く含まれます。
クンニリングスをすることで、これらの菌やウイルスが口や喉に感染します。

喉に感染するクラミジアや淋菌は、
喉の腫れ・痛み、発熱と風邪に似た症状を引き起こします。
風邪だと勘違いして、治療をしないと扁桃腺炎を引き起こすため、
早めの検査が必要です。
これらの症状が発生しないケースも珍しくなく、
気付かないうちに、喉にクラミジアや淋菌が感染していることもあります。

クラミジア、淋菌の感染力は性病の中でも格段に高いので、
性病が感染した危険性がある場合は、しっかりと検査をしましょう。
喉のクラミジアや淋菌は通院で治療することができますので、
早期発見・早期治療を心がけましょう。

喉に感染するクラミジアと淋菌の両方を自宅で検査する方法は、
喉に感染する性病の検査キット比較にまとめています。

クンニリングスによる性病を防ぐ方法

当然ですが、コンドームを装着していても、
クンニリングスをした際の性病感染を予防することはできません。

淋菌やクラミジアに感染している女性の膣周辺は
臭い匂いがすることが多いので、
通常よりも匂いが強いと感じる場合は、クンニリングスを避ける方が無難です。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!