カンジダ症

カンジダとは

  • 女性に多い症状です(男性の症状は少ないです)
  • 真菌というカビの一種が原因です
  • 真菌は多くの人がもともと持っている菌です

性行為により感染することが多く、性病として考えられています。

カンジダの症状

女性の主な症状

  • 外陰部や膣に痒みを感じる
  • ヨーグルト状のおりもが増える
  • 性器の炎症(灼熱感、痛み)
  • 性行為の際に痛みを感じる
  • 排尿障害

男性の主な症状

  • 亀頭がただれる。痒みを感じる
  • 亀頭に小さなブツブツができる
  • 症状が重いと尿道炎を引き起こす

カンジダの検査方法

病院での検査

男性は泌尿器科・性病科。
女性は産科・婦人科・性病科。
で受診してください。

保健所での検査

カンジダを検査してくれる保健所は聞いたことがありません。
ネットで調べても見つけることができませんでした。

自宅での検査

検査キットを使い、自宅にて匿名でカンジダの検査ができます。

自宅で検査を受ける大まかな流れは次の通りです。

  1. 検査キットを注文
  2. 検査キット到着後、サンプル(女性の場合は子宮頸部組織、男性の場合は陰茎部組織)を採取
  3. 同封の封筒でサンプルを送る
  4. ネットで結果を確認する

検査キットは登録衛生検査所「GME医学検査研究所」が提供する
検査キットがオススメです。
価格・匿名性・検査スピード・検査精度が優れています。

カンジダ検査キット(女性用)

カンジダ検査キット(男性用)

カンジダの感染経路

主に性行為により人へ感染しますが、
体力低下などが原因で、もともと人が体内(膣内、腸管など)に持っているこ真菌が
様々な症状を引き起こします。

真菌が症状を引き起こす原因としては体力低下以外にも

  • 多量のステロイド剤、抗生物質の使用
  • 糖尿病
  • 妊娠(女性の場合)
  • 包茎(男性の場合)

上記のような原因があり得ます。
※妊娠時にカンジダが発見されることが多いです。

また、出産時に産道で感染することもあり、
生まれながらにして真菌を保有することも珍しくありません。

カンジダの治療

1~2週間、軟膏の塗布。
女性の場合は膣剤も使用します。

また、女性の場合は通院しての膣洗浄という治療もあります。

すぐに治療をすれば治りますが、
放置をしていると症状が悪化していきます。

早めに発見し、早期治療を心がけましょう。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!