アナルセックスで挿入をした際の性病検査方法(男性)

アナルセックスの挿入により感染する性病

アナルセックスで挿入をした男性が、
感染する可能性がある性病を以下にまとめました。

直腸の中には一般的な性病の菌やウイルス以外にも、
A、B、E型肝炎ウイルスや赤痢アメーバが大量に繁殖しているので、
非常に危険な性行為です。

また、直腸壁は大変弱く性行為中に傷つき、すぐに出血します。
血液中の菌やウイルスが、尿道やペニスの小さなキズから侵入し、
あらゆる性病に感染します。

とくに、アナルセックスはHIVの感染を起こしやすく、
十分に注意が必要です。

HIVを自宅で検査する方法を検証しましたので、
HIVの検査キット比較で確認をしてください。

また、アナルセックスでは多様な性病感染の危険性があります。
各種性病を一括で検査する方法も検証していますので、
性病を一括検査できるキット徹底比較から確認してください。

アナルセックスの挿入による性病感染を防ぐ方法

アナルセックスで挿入をする際でも、
コンドームを装着していれば性病感染を防ぐことができます。

アナルセックスは妊娠の可能性が一切無いため、
コンドームを装着しないケースが多いようです。
しかし、コンドームには性病感染予防の効果もあるため、
アナルセックスこそ、コンドームを装着する必要があります。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!