アナルセックスではローションで性病予防

アナルセックスは性病リスクが高い

こちらの記事でも紹介していますが、アナルセックスは性病感染リスクが非常に高いです。
コンドームをしていたとしても、挿入される側は大腸内がこすれ出血し、大腸内の菌が血管に入ることもあります。

また、アナルセックスでは妊娠の可能性がないからといって、
コンドームを付けないで挿入をするケースが多いようですが、
大腸内に性病の原因となる菌やウイルスが存在すれば、
尿道を通って感染し、様々な性病になる可能性があります。

アナルセックスの性病を予防するには

コンドームをつけることはもちろんですが、
ローションを利用することで感染リスクがさらに軽減されます。

挿入時の摩擦を減らすことで、コンドームの破損、腸内の出血が起こりにくくなります。

ローションの有名ドコロとして、ペペローションがありますが、
アナルセックスに特化したローションがあるため、紹介します。

バック専用ジェル 8986 バックヤロー 

8986

 

なぜアナルセックスに特化しているのか?

保湿性に優れていて乾燥しにくい

腸内はデリケートな粘膜です。乾きにくいため、挿入時の摩擦低減を長時間保ってくれます。

肌に優しい

肌と粘膜の安全性を考え、医療機器グレードの安全性が確認されています。
腸は吸収がよいため、成分にもこだわっています。
ノングリセリン処方、更に肌に優しいヒアルロン酸とコラーゲンを配合しています。

使いやすい

チューブ式ので使いやすいため、面倒だから使わない。
挿入直前でも落ち着いて利用できます。
使いづらい性病予防方法は長続きしないです。
使いやすい物を長期間利用しましょう。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!