「コンドームで完全に性病予防できる」は間違い

「性病を予防するにはコンドームをつけましょう。」

これは何度も聞いたことがあるでしょう。
実践できているかは別の問題として、コンドーム=安全という認識はあるはずです。

当サイトでも、コンドームを使ったセーフSEXを推奨していますが、
コンドームを使っても性病に感染することがあります。

コンドームで予防できる性病

コンドームで性病予防できると言われる理由は、
精液による感染を防ぐからです。

精液により感染する性病として有名なものは、

  • 性器クラミジア
  • 淋菌感染症
  • トリコモナス
  • HIV

などが挙げられます。

逆に精液以外で感染する性病についてはコンドームでは予防することが難しいです。

※上記の性病については、コンドームを正しく使用した場合です。
途中でコンドームの破損などが会った場合は、性病の予防効果は小さいです。

コンドームで予防しづらい性病

精液以外で感染する性病はコンドームをしても感染しやすいです。

例えば、

  • ケジラミ
  • 疥癬

などは、性器周辺に住む虫が原因で感染するわけで、
コンドームの有無はほぼ意味を成さないと考えられます。

また、キスやオーラルセックス、その他の接触で感染する性病も
コンドームでは感染を予防しにくいです。

例えば、

  • ヘルペス
  • 尖圭コンジローマ
  • カンジダ
  • 梅毒

などは、精液以外で感染することがあるため、
コンドームによる予防は限定的です。

性病が疑わしいと思ったら

性器に異変を感じたり、長期間の体調不良を感じたら、
早めの性病検査をオススメします。

まずは、性病の症状から性病の目星を付けて、
自宅での性病検査をオススメします。

性病検査で陽性が出た場合は、
性病が見つかった時にすることを読んで、
正しい対処方法をとることが望ましいです。

性病の治療は困難というイメージがありますが、
淋病やクラミジアなどの有名な性病も治療することで完治が見込めます。

サブコンテンツ

セーフSEXを推奨しています

コレ以上の安心はない!